事業者ローン

MENU

税金を払ってないと

事業者ローンの審査ポイントで意外と知られていないのは、税金の支払い状況です。個人向け無担保ローンの場合、審査にこういった項目はほとんどありませんが、事業者ローンの場合は大きなポイントになるのです。

 

税金は国民の義務であり、事業をしていれば当然確定申告を行い、それに見合った税金の支払いをしないといけません。当然審査では税金をしっかりと支払っているのかがポイントになってきており、支払っていれば何の問題もありませんが、もしも滞納してしまっている状況であれば、審査は厳しくなってしまうでしょう。

 

たかが税金を支払っていないだけで、審査に影響が出るわけがない、と思う事業主の方もいるのではないでしょうか。ですが、金融機関からすれば「税金も支払えないような会社なら、融資しても返済してもらえないのでは?」と判断してしまうのです。

 

本来、所得税などは収入に応じてかかってくるものなので、所得があれば問題なく支払える額になります。ですが、それも支払えないということは、相当事業が苦しくなっていると思われます。

 

もちろん、事業がうまくいっていても、事業主がズボラで納税期限をすでに過ぎているのに支払わない、遅れてもいいやと安易に思っているというケースもあるでしょう。

 

ですが、金融機関ではそういった点も加味して審査が厳しくなるのです。つまり、そういった税金の支払いを滞らせても平気というような事業主なら、平気で返済も遅れるのでは?と判断されるわけです。

 

ですので、もし税金が未納という事業主の方は、まずは滞納している税金を支払ってから事業者ローンの申し込みをするといいでしょう。

 

中には「税金の支払い状況なんてわからないのでは?」と思う方もいるのではないでしょうか。ですが、事業者ローンの場合、申し込みの際の提出書類の一つに納税証明書も含まれている事が多いので、それを提出できない場合、やはり納税していないものと判断され、審査は厳しくなります。

 

税金は支払っているけど、納税証明書を紛失した、なんて方もいるでしょう。そうならないためにも、しっかりと書類は保管しておく必要がありますし、もしも紛失した場合には、再発行してもらうという方法もあります。

 

ただ、事業者ローンの審査では税金の支払い状況が関係するとは言いましたが、これはすべての事業者ローンに当てはまるわけではありません。

 

金融機関によっては納税証明書の提出は不要というところもありますので、もし税金がまだ支払っていない、もしくは事業者ローンから借りて支払うつもりという方は、そういった納税証明書不要の事業者ローンを選ぶといいかもしれません。