事業者ローン

MENU

いくらまで借りれるか?

事業者ローン選びのポイントは、その事業によっても異なるでしょうが、まず抑えておきたいポイントとしては最大融資額があります。事業者ローンの場合、銀行融資のように必要な額すべてを融資できるという訳ではありません。

 

もちろん、銀行融資でも審査をクリアできなければ必要な分の事業資金を融資してもらう事は出来ませんが、基本的に条件が整えばいくらでもOKです。

 

事業資金というと、個人に融資するのとは異なり、やはり額は大きくなってしまうことでしょう。数十万円どころか数百万円、数千万円となってしまうこともあるかもしれません。

 

事業者ローンの場合、金融機関によって額は違ってくるものの、最大融資額が決まっています。これが銀行からの事業資金融資との大きな違いであり、事業者ローンのデメリットでもあるでしょう。

 

事業者ローンに似たようなタイプには、個人向けの銀行カードローンや消費者金融カードローンなどがあります。これらも同じように最大融資額が決められてはいますが、実際のところ数百万円まで必要になるというケースは少ないでしょう。

 

せいぜい100万円位がいいところではないでしょうか。そのため、最大融資額が300万円だろうと、500万円だろうと、1,000万円だろうと、そこまで借入することはまずないでしょうから、ほとんど金融機関選びでは重要視されません。

 

ですが、事業資金となると話は別です。事業によっても額は大きく異なりますが、1つの取引で数百万円の代金が動く事も稀ではありません。

 

もしもその代金のつなぎ資金として事業者ローンを使用するという場合には、少なくともその額以上は借り入れできるところでなければ意味がないのです。

 

ですので、事業者ローン選びでは、まずは最大融資額をチェックしておきましょう。もちろん、初めて事業者ローンを利用するという場合には、最初から最大融資額まで融資してくれるとは限りません。

 

しっかりと返済を続けて実績を積まないと融資してくれない場合が多いのです。また、その時によっては最大融資額まで必要ないというケースもあるでしょう。ですが、事業者ローンは資金をやり繰りする上でとても便利なものです。

 

ですので、もしもの時のために持っておくことも必要です。今は必要がなくても、将来的には高額融資が必要となることも事業ではあるかもしれません。

 

そういったケースも出てくるかもしれない、と予想できる事業の場合は、その時のことも考えて、出来るだけ最大融資額が大きいところを選んでおくといいかもしれません。