事業者ローン

MENU

いつ申込みするのがいいのか?

事業者ローンを申し込む場合、たいていは資金繰りに困った時が多いでしょう。もちろん、それが業績が悪化しているからということではなく、単につなぎ資金であったり、設備投資をするためなど業績が良くても資金繰りに困ってしまう時期もあるものです。

 

ですが、借金は誰でもしたくないものですから、資金に余裕がある事業主は事業者ローンの申し込みはあえてしないのではないでしょうか。逆に、不景気でお金が回せなくなった、といった時に借金をするケースの方が多いでしょう。

 

決して業績が悪化している時に事業者ローンを申し込む事が悪いわけではありません。

 

一時的にお金を借りられる事で、業績アップを計れるという事もありますし、なんとかやりくりしていく中で、事業も快方へ向かうという事もありますので、借金の一つの手段として事業者ローンを利用する事は大切かもしれません。

 

一方で、業績が良い時には事業者ローンは不要、というわけではありません。むしろ業績が良い時ほど事業者ローンは申し込んでおいた方が良いのです。

 

それは、どんな借金でも同じではあるのですが、お金を借りる場合には業績などを審査されます。それにより融資可能額も変わってくるのです。

 

当然、業績が良い事業ほど高額融資が可能になります。事業は必ずしもいい時ばかりではありません。時代の流れでいい時もあれば悪い時もあるというのが世の常です。

 

もちろん、その時勢を見極めることは事業主には必要な事ではありますが、そう簡単なものではなく、これまでは良かったのに徐々に業績が悪化する事も考えられます。

 

そんな業績が悪化している時に事業者ローンを申し込んでしまうと、やはり業績が下がっていることがネックとなり、審査が厳しくなり融資限度額も少なくなります。場合によっては審査をクリアできないケースもあります。

 

事業者ローンは基本的に更新のために再審査ということはありません。借金は誰でもしたくないものですから、金融機関から事業者ローンを薦められても、断る事業主の方も多いのではないでしょうか。

 

ですが、一般的な事業融資とは違って、事業者ローンは申し込んでも、実際には借入しなければ融資となりませんから利息も当然かからないのです。

 

ですので、申し込むだけなら損をする事がないので、審査をクリアする・融資限度額を高くするためにも業績が良い時に申し込んでおいた方が良いのです。

 

余裕のある事業主の方こそ、今後のためにも事業者ローンを申し込んでおきましょう。