事業者ローン

MENU

事業者ローンと担保

事業者ローンには有担保ローンと無担保ローンの二種類があります。少し毛色の異なる存在として引き出し自由のカードローンもあるのですが、こちらも基本的には無担保ローンの一種といえます。では、事業者ローンを利用するときの担保について考慮してみましょう。

 

一般的には事業融資を受ける場合には担保が必要になります。今でこそ無担保ローンが多くなってきており、しかももてはやされていますが、有担保ローンが債務者にとって不利なローンであるというわけではありません。

 

というのは、有担保ローンの場合は金利設定が大幅に低くなるからです。不動産などの担保を設定した場合、金融機関は債務不履行のリスクを回避できますので、金利上乗せによるリスクヘッジをしなくて済むわけです。

 

しかも返済期間を長くすることも可能ですから、ゆとりを持って返済を行うことも出来るのです。ただし、担保を設定して事業融資を受ける場合は担保設定手数料などの諸経費がかかることになります。

 

「有担保で事業者ローンを組みたいけど、ウチには担保に出来る不動産がない・・・」と思う人もいるかもしれませんね。そんな場合でも、担保を設定できることがあります。最近は不動産以外でも株式や債券などを担保として融資を受けることが出来る場合もありますから、気になる場合は金融機関に相談してみるとよいでしょう。

 

担保を供出するだけで金利が安くなり、じっくりと返済していくことが出来るわけですから、もし可能であるなら有担保ローンの利用を考えるとよいかもしれません。