事業者ローン

MENU

事業者ローンと多重債務

多重債務とは、複数の金融機関から借入をしている状態のことです。しかし、多重債務と事業者ローンにどのような関係があるのでしょうか。

 

実は、多重債務と事業者ローンには意外なつながりがあります。日本政府はこれ以上多重債務者を出さないことを目的として貸金業法を改正し、その法律に「総量規制」と呼ばれる概念を新たに盛り込みました。

 

この総量規制とは何かというと、個人が借入出来る金額を行政側で規制しようという考え方です。この新たな規制によると「年収の三分の一を超える借入」は出来なくなりました。

 

確かに借金が出来ないようにすれば多重債務者が減る可能性もあるわけですが、この規制によって本当に資金を必要としている人が融資を受けられないという状況も想定されました。

 

例えば、ここに年収600万円の個人事業主がいると仮定しましょう。この事業主は生活が厳しいということで消費者金融から200万円の借金があります。総量規制によれば年収の三分の一が上限になりますので、もう新たな融資を受けることが出来ない状態になります。

 

しかし、事業のチャンスが訪れ、ちょっと設備投資するだけで大きな利益が生まれる可能性が出てきました。

 

しかし、これ以上借入が出来ないのでビジネスチャンスをものにできない・・・ということになってしまうのですが、幸いなことに事業性融資は総量規制の対象にならないということが規定されていますので、多重債務であってもビジネスローンは利用することが出来るのです。