事業者ローン

MENU

事業者ローンの種類

中小企業の経営者は、常に資金繰りのことが頭を離れないといいます。今は資金が回っていても、どこか取引先が不渡りを出せば一気に資金繰りが悪化してしまいます。

 

そんなときでも頼りになるのが事業者ローンです。では、事業者ローンにはどんな種類があるのか見てみましょう。

 

まず融資の種類によって類別してみましょう。ざっくりと「有担保ローン」、「無担保ローン」、「カードローン」に分けることが出来ます。

 

有担保ローンというのは不動産などの担保を設定して融資を受けるもので、銀行のリスクが低くなる分金利も下げることが出来ます。

 

無担保ローンは担保なしで行われる融資で、金融商品によっては保証人も不要という場合があります。こうした場合はどうしても金利が高くなります。

 

最後のカードローンは信用調査の元で限度額を定め、その範囲内であれば何度でもキャッシングという形で融資を受けられるものです。

 

また、債権者別に融資を分類することも出来ます。事業者ローンを行っているのは銀行だけではありません。信販会社や消費者金融なども最近は事業者対象の融資を始めています。

 

銀行系の事業者ローンの場合、審査が比較的厳しく、時間もかかる一方で金利は低めになっているという特徴があります。信販会社などのノンバンク系事業者ローンは、審査が早いのが特徴です。

 

速いときには即日で融資を受けることも可能なほどですが、その分審査を緩くしているということでもあるので、金利が銀行系よりも高く設定されているのが普通です。