事業者ローン

MENU

事業ローンのスピード

資金繰りが悪化したとき、あるいはビジネスチャンスが開けたときに必要になるのが事業資金です。事業者ローンはそんなときに役立つ存在ですが、問題は融資が行われるスピードです。

 

特に「今日入金しないと間に合わない!」とか、「急がないと他社に先を越される!」という状況の場合、一刻も早く事業資金が必要になります。では、事業者ローンのスピードに関して考察しましょう。

 

事業者ローンの貸付がどの程度のスピードで行われるかは金融機関によって大きく異なります。一番融資のスピードが遅いのは公的金融機関と銀行です。それは、融資の申し込みを受けてから担保設定や審査を慎重に行うからです。

 

これは、銀行が融資の回収を確実に行うために踏んでいる手続きですので致し方ない面もあるでしょう。審査を厳密に行う分、焦げ付きリスクが下がるわけで、銀行は金利を下げることでそのメリットを債務者に還元しています。

 

一方、ノンバンク系の事業者ローンはスピード融資に定評があります。提出書類も非常に少なく、速いときには数時間で事業融資を受けることが出来ますので、緊急に資金が必要なときはノンバンク系に分があると言えるでしょう。

 

あるいは、事業者用カードローンを事前に組んでおくというのも一つの手です。これは事前に信用調査をして限度額を決めておき、その範囲内であれば自由にキャッシングの形で融資を受けることが出来るというものです。これなら申し込みなども不要ですからより素早い対応が可能になります。