事業者ローン

MENU

年収の3分の1まで?

金融機関からお金を借りるにあたり、問題となってくるのが総量規制です。総量規制とは、貸金業法で定められている規則であり、年収の3分の1を超える借入ができないというものです。

 

これは、カードローンなどで多重債務となり、しかも返済できないくらいまで借り入れてしまい自己破産に追い込まれたという人が多かったことから、そういった借り過ぎを防ぐために定められた法律なのです。

 

個人の場合、借入する理由が旅行や趣味、場合によってはギャンブルで使うなど、我慢すれば借りなくてもいい場合が多いです。

 

ですので、借り過ぎないためにはこういった総量規制は非常に有効で、実際にこれが施行されてからは自己破産する方、借金を苦に自殺する方なども減ったと言われています。

 

とはいうものの、事業をしている人にとってみれば、総量規制で借入できないとなると困りものです。しかも事業で使うお金をとなると、設備資金や一時的なつなぎ資金で、比較的高額になる事が多いです。

 

短期間の借入で、すぐに完済できるような状況でも、総量規制のために一時的にも借り入れできないということもあるのです。事業者ローンのメリットは、総量規制の対象外という点にあります。

 

総量規制の対象となるのは、貸金業法の下で行う消費者金融で、銀行融資の場合は総量規制の対象外となります。そのため、銀行融資、銀行カードローンの場合は総量規制に関係なくお金を借り入れできます。

 

ですが、銀行融資は審査に時間がかかる上に、審査基準が消費者金融とは異なるため、審査をクリアできないというケースも少なくないのです。

 

事業者ローンの中には消費者金融が運営しているものもあります。じゃあ、総量規制の対象になるのでは?と思うかもしれません。ですが、総量規制には、住宅ローンやマイカーローンのように総量規制から除外される借入がある他に、対象外となる例外があるのです。

 

その例外には緊急性のある医療費、配偶者の収入と合わせての年収の3分の1などがありますが、その中には個人事業主への貸付、金融機関からの貸し付けを受け取るまでのつなぎ資金、などがあるのです。

 

つなぎ資金などの目的で利用できる事業者ローンはその総量規制の例外にあたるので、対象外となっているのです。特に個人事業主の場合は、年収の3分の1以上でも借り入れできるというわけなのです。

 

もし、総量規制がネックで借り入れできない、もしくは銀行融資の審査で落ちてしまったという事業主の方は事業者ローンを活用してみるといいでしょう。