事業者ローン

MENU

事業者ローンの審査

事業を営んでいく上で、あるいは開業する上で、さらには事業拡大を果たしていく上で重要になってくる事業者ローン。しかし、事業者であれば誰でも融資を受けることが出来るというわけではありません。

 

もし審査を通らなければ融資を受けることが出来ません。ですから、審査がどのような基準で行われているのかを把握し、きちんと審査に通るようにしたいものですね。では、事業者ローンの審査基準についてお話していきましょう。

 

一般的に「金融機関の種類」と「審査の厳しさ」と「金利」には深い関係があります。銀行系の事業者ローンの場合、審査が厳しいことで知られています。その分金利が低く設定されているというわけです。

 

一方、信販会社などのノンバンク系事業者ローンでは審査が比較的甘いといわれており、その分金利が高くなっているわけです。審査を甘くすればそれだけ焦げ付きのリスクが高まるので、そのリスクをヘッジするためには金利を上げざるを得ないわけです。

 

では具体的にどんな条項を元に事業融資を審査するのかというと、端的に言えば事業の業績です。事業者ローンを申し込むときには売上高や取引履歴なども同時に提出しなければなりませんが、金融機関はそれを見て返済能力があるかどうかを判断するわけです。

 

また、納税記録も提出しますので、税金を納めていることも審査を通るための最低条件になっています。ただ、ビジネスクトなど赤字決算であっても融資OKの金融機関もありますので、あきらめずにトライしてみてください。