事業者ローン

MENU

事業者ローンと信販会社

信販会社とは販売信用を業とする会社のことを指します。販売信用とは、自社の会員が商品を購入するときにその立替払いをすることを指します。分かりやすくいえばクレジットカード会社などがこれに当たります。

 

しかし、信販会社が行っている業務は販売信用だけではありません。多くの場合、事業資金の融資も行っています。では、信販会社の事業者ローンを解説していきましょう。

 

信販会社の場合、本業は貸金業ではないため別途貸金業の認可を受ける必要があります。その認可を受けている信販会社は事業ローンを展開しており、ビジネスローンと呼ばれています。

 

信販会社の事業者ローンのメリットは消費者金融と同じく申請時の提出書類が少なく、審査もスピーディーであることです。

 

また別のメリットとして銀行のビジネスローンよりも返済期間が長く設定されているという点も挙げられます。返済期間が長くなるということは、余裕を持った返済が可能であるということですので、安心して事業に打ち込むことが出来るわけです。

 

逆に信販会社のビジネスローンのデメリットは、金利が高く設定されていることでしょう。15%〜18%といった金利水準が普通になっています。

 

これは審査が簡略である分、致し方のない部分ではあるのですが、それでも事業資金は借入額が個人よりも大きくなるため返済総額が膨らんでしまいます。ただ、借入が出来ないと倒産・・・という状況もありえるわけですので、信販会社のビジネスローンが役立つときもあるわけです。