事業者ローン

MENU

事業者ローンを利用するには

事業者ローンはビジネスを行っていくうえで大変助けになる存在です。ちょっとした資金トラブルが生じたとき、あるいは事業を拡大するときなどに重宝します。

 

しかし、事業者ローンを利用するには所定の手続きを踏まなければなりません。どんな書類が必要で、どのように事を進めていく必要があるのかを解説しましょう。

 

まず行う必要があるのは、どこから借りるかを決めるということでしょう。日本政策金融公庫のような公的な機関もありますし、民間の銀行、信販会社、消費者金融などがその候補になります。

 

一般的には金利が安い金融機関を選ぶのが定石ですが、急を要する場合はノンバンクしか選択肢がないケースもあります。あくまでも資金の必要に合わせて金融機関を選びましょう。

 

金融機関を選んだら次は事業者ローンの申し込みです。殆ど全ての金融機関がインターネット上でローンの申し込みが出来るようになっていますので、それを活用しましょう。

 

申し込みが受け付けられたら必要書類を整えます。必要な書類は金融機関によって多少異なりますが、借入申込書、税務報告書、登記簿謄本、納税証明書などはどこの金融機関でも共通して提出が求められます。

 

また、過去三年間の業績を示す書類や主要取引先などの情報を開示する場合もあります。もし早急に資金が必要になることが分かっているような場合は、これらの書類を予めある程度揃えておくとスムーズに事業者ローンの融資を受けることが出来るでしょう。