事業者ローン

MENU

銀行融資と比べ

借金をしたくないのは個人ではもちろん、事業に関しても同じ事です。とはいえ、事業を続けていくためには時にはお金が必要となり、借入しなければいけないケースは多々あるでしょう。

 

特に設備投資などのように、収入をアップするため、仕事を増やすために投資するのも事業では必要な事になります。銀行から融資を受けた場合、返済予定表などがありますので、それに従って毎月コツコツと返済していくことになります。

 

個人であれば、ある程度毎月の収入は決まっているので、生活が苦しくて借金をした方は、返済予定に従って生活を切り詰めながら返済していくことでしょう。

 

ですが、事業の場合、設備投資などをした場合にはこれまで以上の収入が見込める事もあるでしょう。そうなると、事業資金が増えてくることもあります。

 

そんな時には繰上返済をして、借入金の元金を減らす事もできます。元金が少なくなれば、返済期間を短くしたり、毎月の返済額を減らすこともできます。

 

また、仕事の代金が支払われるまでのつなぎ資金が必要という場合にも、銀行融資をして、入金になったら完済するという方法もあります。ただ、銀行融資の場合、繰上返済をするのに手数料がかかってしまうのです。

 

その繰上返済手数料は金融機関によっても異なりますが、数千円〜数万円かかってしまうこともあります。

 

そのため、たとえ繰上返済することで元金を減らし、支払う利息の金額を減らす事ができても、それ以上に手数料がかかってしまえば、結果的に繰上返済をせずにコツコツと返済していく方が良いのです。

 

ですので、この場合にはある程度のお金が貯まってから繰上返済しないといけません。事業者ローンのメリットとしては、その繰上返済手数料がかからない、という点にあります。

 

ですので、手数料の事を考えることなく繰上返済できます。何度でも繰上返済できるので、収入が多かった時にちょっとずつ返済する事も可能となっており、簡単に言えば繰上返済すればするほど単純に元金を減らせるのです。

 

繰上返済手数料がかかる場合は、こういった事は出来ません。つなぎ資金として利用する場合には、すぐに完済するのですから、繰上返済手数料がかからないのは大きなポイントになるでしょう。

 

また、事業者ローンは運転資金として活用することもできますが、これも繰上返済手数料がかからないことも大きなメリットとなります。

 

何度でも再キャッシングできるのですから、極端な話、お金に余裕ができたら全額を返済に回す事もできます。それでもし、お金が必要になった時にまた再キャッシングするようにやり繰りをすればいいのです。