事業者ローン

MENU

個人事業主がお金を借りるには

事業はいろいろなタイプがあり、法人化している大きな組織の事業の場合もあれば、自分一人だけの個人事業主もいます。事業の規模が違えば、必要なお金の額も違ってきます。

 

とはいえ、どのような規模でも、お金が必要になるケースは多々あります。特に個人事業主の場合、お金を借りる手段が限られてしまいます。

 

しかも個人事業主だと、銀行からの融資、一般的なカードローンの審査も厳しくなってしまう傾向にあります。会社員であれば収入証明書も不要で借り入れできるのに、個人事業主は個人的な理由でお金を借りたいという時でさえ、収入証明書(確定申告書など)の提出を求められたりするのです。

 

それでいて、新規事業ということになれば、実績がないため、各業者から商品を仕入れする際にも、掛け仕入れなどは出来ず現金での支払いを要求されたりすることもあります。

 

その点、事業の内容によってはその場で現金収入ではなく、数ヶ月後に入金というケースも多々ありますので、額は少ないとはいえ、個人事業主の方が資金繰りに悩むものなのです。

 

では事業者ローンは、法人などではなく個人事業主でも利用できるのでしょうか。
答えはYESです。個人事業主であっても事業には違いありませんから、融資の対象になります。

 

むしろ、個人事業主の方が事業者ローンの使い道があるかもしれません。

 

法人なら、事業者ローンでなくても一般の事業融資をしてもいいのかもしれませんし、金融機関でも高額融資は喜びますから積極的に銀行員が融資できるように奔走してくれるものですが、個人事業主は額も少ないので、簡単に「無理です」と言われてしまうケースも少なくありません。

 

もちろん、事業者ローンも金融機関によってはそのような傾向にあるところもありますが、基本的に法人でも個人事業主でも変わらず審査し、条件をクリアできれば融資してもらえます。

 

それに、法人の場合は連帯保証人をつけなければいけないケースもあるので、個人事業主の方が手続きは比較的簡単かもしれません。

 

しかも個人事業主の場合、家計も一緒になる事もありますから、事業目的で借りてもそれを生活費の足しに利用しても問題ないでしょう(本来ならダメですが、使用用途フリーですので、実際は大丈夫です)。

 

もし、個人事業主の方で、資金繰りに困っている方は、銀行カードローンのような個人向け無担保融資ではなく、事業者向けの事業者ローンを申し込んでみるといいかもしれません。個人では借り入れできなくても事業資金としてなら審査もクリアできるかもしれません。