事業者ローン

MENU

事業者ローンと住宅ローン

事業を営んでいく上で必要になることが多い事業者ローン。事業資金の融資を受けると、特に経営者は個人として借金を抱えたも同然の状態になります。

 

では、この事業者ローンは実際に個人の借金としてカウントされるのでしょうか。中には、「事業者ローンで沢山借りているので住宅ローンを組めないのではないか」と心配している人もいるようです。

 

では、事業者ローンと住宅ローンの関連について解説してきましょう。

 

結論から言ってしまうと、事業ローンは個人の住宅ローンに直接影響を与えることはあまりありません。

 

というのは、事業ローンは業務に対する審査に基づくものであり、住宅ローンというのは個人の信用に対する審査に基づいて融資が行われるからです。そもそも事業ローンを受ける際には、会社の業績が吟味されます。

 

納税をしており、健全な経営が続いていれば事業者ローンを受けることが出来ます。住宅ローンは個人の収入が審査対象になります。いわゆるサラリーマンの場合、年収に対して3倍から5倍の住宅ローンを組むことが出来るといわれています。

 

ただし、経営者の場合はこの状況が少し異なってきます。経営者ですので年収は大きいはずですが、報酬よりも会社の業務のほうが重視されます。

 

黒字決算が続いているようであれば、役員としての報酬がこれからも続くと判断されて住宅ローンもOKですが、もし赤字決算が続いているような場合は住宅ローンが組めない場面も出てきます。つまり、事業者として抱えている融資はあまり考慮の対象にはならないのです。