事業者ローン

MENU

赤字決済だと?

事業者ローンは申し込んだからといって簡単に融資してもらえるわけではありません。

 

事業者ローンを扱う金融機関でも、お金を融資して、それに利息を加えて返済してもらう事で利益を得ていますから、確実に返済できるという方でなければ審査をクリアすることができません。

 

個人、特に公務員やサラリーマンであれば、ある程度安定した収入を得られるという確証があるので、比較的審査もクリアしやすい傾向にありますが、事業資金となると、その事業がうまくいかなくなれば返済が滞ってしまい、場合によっては倒産して返済してもらえないという利息もあります。

 

そのため、個人よりも審査が厳しくなってしまうかもしれません。

 

ですので、審査のポイントも個人融資とはちょっと異なります。事業者の場合、審査のポイントなるのはその事業に関する事があります。とはいえ、事業者ローンの場合は一般的な銀行からの事業資金融資よりも比較的提出する書類も少ない傾向にあります。

 

一般的な銀行融資の場合、これまでの事業成績はもちろんのこと、これからの事業計画書なども提出しないといけません。これまでの実績と事業計画などをチェックして、回収できる見込みがあるという場合に融資をしてもらえることになります。

 

ですが、事業者ローンの審査では、基本的にこれからの事業計画書などは必要ありません。審査のポイントとされるのは、あくまでこれまでの事業成績と事業年数です。

 

事業成績というのは、どのような事業を行い、これまでどれくらいの収入を得ていたのかという点です。当然事業がうまくいっている場合には審査が有利になり、事業があまり軌道に乗っていない、という場合には審査は厳しくなる傾向にあります。

 

ただ、事業成績が仮に悪くても、しっかりと収入を得ているという状況であれば、この審査項目で審査がダメになることは少ないようです。

 

よくあるのが、事業が赤字決済だから、どこからもお金を借りられないと諦めているケースです。

 

確かに銀行融資の場合には、赤字決済の場合には門前払いを食らうケースもあるようですが、基本的に事業者ローンの審査では赤字決済と言うだけでは審査が落ちてしまうということはありません。

 

もちろん、明らかに売り上げがないような状態であれば厳しいでしょうが、状況によっては融資してもらえることもあるのです。ただ、新規事業の場合は事業成績や事業年数もないために、審査は厳しくなってしまうかもしれません。