事業者ローン

MENU

事業者ローンと保証人

事業者にとって資金繰りは最大の関心事であり、特に事業規模が小さい場合にはちょっとした資金トラブルですぐに資金ショートが起きる可能性があります。万が一ショートさせてしまうと、取引先の信用を失ってしまいますし、それは事業の業績に直結してしまいます。

 

それなので、事業者は何とか資金繰りをして資金がパンクしないように調整するわけです。その際、大きな役割を果たすのが事業者ローンです。しかし、「友人や知人に保証人を頼むのは嫌だ」と思っている人も多いはずです。では、事業者ローンと保証人の関連について解説していきましょう。

 

基本的に銀行などの金融機関が事業者や企業を相手に資金を融資する場合、担保や保証人をつけるのが普通です。この原則は事業者ローンでも変わることはありません。

 

保証人が付けられるのであれば、金融機関側としてはそれに越したことはないわけです。それだけリスクが低減するからです。しかし、先ほど述べたように保証人を立てたがらない人が増えており、金融機関側もその点に配慮を払うようになっています。

 

そこで信用保証会社を利用するという手段もあります。これは信用保証会社に何がしかの利用料を払って保証人の代わりをしてもらうシステムです。

 

しかし、利用料がかかるのがネックになっていました。それで用意されたのが保証人不要のビジネスローンです。これは、無担保・無保証で事業資金を融資する金融商品になっています。もちろん、保証人がいない分金利が高くなっており、利用には細心の注意が必要になります。