事業者ローン

MENU

他からいくら借りてるか?

事業者ローンの審査のポイントとしては、申し込んだ事業者ローンの他に、この会社、もしくは事業主が借入金があるかどうかもポイントになります。

 

これは、事業者ローン以外の借入金があってはいけない、ということではありません。もちろん、ないに越したことはありませんし、他の借入金があっても少額であれば審査に大きな影響を与えるものではありません。

 

ですが、それが借金があるどころか、毎月の返済もままならないような額を借り入れしていた場合には、やはり審査は厳しくなってしまうでしょう。もちろん、中にはその借入金の返済のために事業者ローンを申し込むという方もいるのではないでしょうか。

 

ですが、ぴったり同じ額を一本化、もしくは金利の低いローンに借り換えするために事業者ローンを申し込んだという場合を除き、これまでの借入金の返済もままならないような状況なのに、新たに事業者ローンで借入金を増やしてしまったら、ますます返済が厳しくなっていくことが容易に推測されるでしょう。

 

もちろん、これから業績を上げるために、設備投資したい、そのために事業者ローンが必要というケースもあります。そんな時なら、その設備投資の目的いかんでは審査をクリアできる可能性もありますが、やはり金融機関からすれば完済してもらえないリスクがあるところには融資はできないでしょう。

 

借入金があっても、というか事業をしていれば借入金がないこと自体が珍しいですから、他の借入金があるということだけでは大きな問題にはならないでしょう。その借入金の額によって審査の結果が分かれてしまいます。

 

人によっては「別にどれくらい借金があるのかなんて、金融機関が違うのだからわかるわけがない」と、借入金があるのにもかかわらず、他の借入金はゼロと記載する方も少なからずいるようです。

 

ですが、こういった借入金の額は、金融機関同士で共有できるのです。ですので、いくら他の借入金の額をごまかしてしまっても、ばれてしまうのです。

 

ダメ元でやってみるという方もいるかも知れませんが、そういった偽った情報を記載していることが知られれば、金融機関からの信用は悪くなります。

 

本来なら正直に借入金の額を記載しても審査をクリアできたのに、そういった偽りの情報を記載したために、審査をクリアできない、というケースもあるかもしれません。

 

事業をしている方はもちろん、そして最近では長く続く不景気のため、多少の借入金があっても不思議ではありません。むしろ当たり前と思う場合もありますから、借入金の有無は大きく影響しないかもしれません。

 

それよりも、まずは正直に現在の借入金の額をしっかりと記載するようにしましょう。