事業者ローン

MENU

事業者ローンが必要なとき

事業を営んでいく際、必ず必要になるのが資金ですね。もちろん、自己資金で事業が営めれば最善ですが、現実には自己資金だけで事業を継続していくのは難しいものです。

 

そこで利用するのが事業者ローンになるわけですが、どんな場面でこの事業者ローンが活用されているのでしょうか。

 

真っ先に思い浮かぶのが「資金繰りが付かなくなったとき」かもしれません。事業を営んでいると、時にアクシデントが発生するものです。

 

例えば、「取引先からの入金が遅れそうで、資金繰りに穴が開いてしまった」というような場合です。「◎×社からの入金がまだなので、待ってもらえませんか」とは言えないのがビジネスの世界。何とか資金を作らなければなりません。こうしたときに事業者ローンは強い味方になってくれるのです。

 

しかし、事業者ローンが活躍するのはこうした後ろ向きの事態においてだけではありません。むしろ、ビジネスチャンスが到来したような場合にこそ威力を発揮します。

 

例えば、取引先が新たな案件を持って来て、設備投資が必要になった場合、資金が足りなくなるかもしれません。この仕事を受ければ儲かることは分かっているのに・・・と悔しい思いをするかもしれません。そんなときでも事業者ローンを活用することで設備投資が可能になるのです。

 

また不足の事態に備えて予備資金を持っておきたいという事業者もいるでしょう。金融機関によっては審査を経た後、限度額以内なら何度でも引き出し可能という金融商品も提供していますから、それを持っておくと気持ちに余裕が生まれますね。