事業者ローン

MENU

事業者ローンの返済

事業者ローンは急に発生する事業資金ニーズに対応できる貴重なシステムです。しかし、事業者ローンにしろ個人ローンにしろ、大切なのは借りた後です。つまり返済をきちんとしていかなければなりません。では、事業者ローンの返済について考えてみましょう。

 

事業者ローンを利用してお金を借りることが出来たら、次の月から返済が始まります。これをきちんと支払っていかなければなりませんが、その返済がどのような方式で行われていくのかを予め知っておく必要があります。

 

一番分かりやすい返済方式は元金一括返済方式と呼ばれるスタイルです。これは契約期限内に元金を一括返済するもので、その期間内は利息だけ支払うことになります。ただ、確実にその返済金額が手元に残る保証がない限り、借りたお金を一気に返済するのは難しいでしょう。
それなので、一般的には毎月少しずつ返済していくことになりますが、元利均等返済と元金均等返済という二パターンがあります。

 

元利均等返済とは、元金と利息の返済額の合計が常に一定というもので、毎月の支払いが計算できるメリットがあります。ただし、元金の減りが遅いため、支払い総額は高くなります。

 

一方、元金均等返済は借入合計を返済期間で割り、それに利息を上乗せして支払うスタイルです。元金の減りは早いので支払い総額は少なくなりますが、最初は月々の支払額が多くなり負担が高くなります。事業者ローンを借りるときはどんな支払いスタイルになるのかを確認し、それを返済するのが可能かどうかをよく検討しましょう。