事業者ローン

MENU

事業者ローンと銀行

事業を行うので融資を受けたい・・・。そう思ったときに最初に思い浮かぶのが銀行で受ける融資ではないでしょうか。

 

実際、銀行の主な業務はお金を預かることではありません。むしろ、預金されたその資金を貸付けて、金利差によって収益を上げるのが主な業務なのです。ですから事業を営む場合、銀行との取引は非常に重要なものとなります。

 

ただし、銀行が事業者や法人を対象に融資を行うといっても、無条件で資金を融資してくれるわけではありません。各銀行が行う審査を経て融資が実行されるのですが、銀行はこの審査が非常に厳しいことで知られています。

 

提出する書類も多いですし、基本的に担保が保証されなければ融資をしてくれません。また貸付期間が1年と短い場合も多く、少しでも経営が傾くと融資を引き上げられてしまう場合もあるのです。

 

また、一般融資として知られるこの手の融資は、比較的大きな企業や団体を対象にしており、中小企業や個人事業主には適用されない場合が多いようです。

 

しかし、最近は銀行も中小企業への融資を行うようになってきており、それはビジネスローンと呼ばれます。銀行のビジネスローンは無担保・無保証で行われることもあり、その分金利が一般融資よりも高くなりますが、それでも信販会社や消費者金融の事業者ローンよりは低く抑えられています。

 

時間に余裕があり、銀行の事業者ローンが使える見込みがあるのであれば、優先して申し込むのが最善でしょう。