事業者ローン

MENU

使い勝手が良くて便利

事業をしていれば、なかなか資金繰りが厳しいという状況もあるでしょう。特に新規事業となれば、事業が軌道に乗るまでは収入も少なく、それでいて人件費や設備費、その他の支払いなどが多く、やり繰りするのが厳しくなること必至です。

 

特に、現金商売ではなく、数ヶ月後に代金が支払われるといった類の事業の場合、収入がない状態で事業を進めていかなければいけなくなります。

 

そんな時には、事業を回していくための運転資金が必要となってきます。事業者ローンはそういった運転資金としての使い道が有効です。

 

事業者ローンを運転資金として活用するメリットとしては、審査が早く、借りたい分だけ借りられるということと、返済するにも簡単に返済できるという点にあるでしょう。

 

運転資金というと、設備投資のようにどれくらいの費用が必要なのかわからないケースが多いです。現金収入があるのであれば、それで事業を回していける事もありますし、1ヶ月ごと思っていた代金が、比較的早く支払われたということもあります。

 

そのため、実際に事業を始めてから、お金が足りなくなった、足りなくなりそうだという時に申し込みをすることでも対応出来ます。必要な分だけ借り入れできるので、無駄な利息を支払う必要がないのです。

 

運転資金を銀行融資でまかなうというところも多いですが、銀行融資だと再借り入れしなくてもいいように、少し多めの額を借入するものです。

 

そして審査にも時間がかかるため、実際にどれくらい必要なのかもわからない状態で借入するので、思ったよりも多く借りてしまうこともあるでしょう。逆に少なく見積もっていた場合はそれだけでは足りなくなってしまうこともあります。

 

事業者ローンであれば、すでに契約を済ませていても、借入をしない限りは利息はかかりません。本当にお金が足らない、回らない、となった時にだけ必要なだけ借り入れすればいいのです。

 

ですので、無駄な利息はかかりません。比較できるものではありませんが、金利が低くても無駄なお金の分まで利息を支払っているのと、金利がちょっと高めでも必要な額だけの利息を支払って行くのとでは、意外と差はない、もしくは後者の方が利息が少なくて済む場合もあるかもしれません。

 

また、事業者ローンだと繰上返済手数料もかかりません。もし借入をして、思ったよりも早く現金回収ができた時には、すぐに返済する事もできます。繰上返済手数料がかからないので、極端な話毎日1万円ずつ返済するというやり方もできます。

 

銀行融資だと繰上返済手数料がかかるので、ある程度の額がまとまらないと出来ませんから、こういった意味からも無駄な利息を減らせるので、運転資金としては事業者ローンは使い勝手がいいのです。